top of page

応援広告って何?


こんにちは!
Fan-Uni運営事務局です。
Fan-Uniは皆様の応援広告を掲載をサポートするという理念で設立されたサービスですが、そもそも応援広告について、皆様ご存知でしょうか?
このページでは、そもそも応援広告とは何か簡単にご説明します。


応援広告ってなに?

応援広告とは、アーティストやグループを応援するために、ファンが掲載する広告のことです。広告掲載費用は、基本的に企業ではなくファンの皆様が共同で支払って実施するのが一般的です。

もともとは韓国が発祥とされており、誕生日やデビュー・アルバム発売等の節目を祝う際に、主にアイドルや俳優のファンが応援広告を掲載しています。いわゆるセンイル広告はその中でも特に誕生日をお祝いするものを指します。(センイル=韓国語で誕生日という意味)

韓国では、主に若者が集まる街を中心に、様々な広告媒体が応援広告で埋め尽くされています。

応援広告は、有志のファン団体である「ファンダム」がお金を出し合って掲出することが多く、アイドルの大ファンである「マスター」が企画し、主にTwitterを通じて企画を宣伝・集金・広告を掲載というのが一般的な流れです。

少しデータが古いですが、2019年にはソウル地下鉄に掲載された応援広告が2,166件で、全体の地下鉄広告の21%を占めているそうです。応援広告が文化として根付いていることが伺えます。
中国のファン主催のBTSのVやジョングクの誕生日企画では、1億円以上が集まったそうです。

日本ではまだ韓国ほどの規模ではありませんが、それでも最近は着々と件数が増加している、ファンが推しを応援する新しいカタチです。


なんのために応援広告を掲載するの?

そもそも応援広告を掲載するとどのような効果があるのでしょうか。主な理由を簡単に記載します。

①ファンから推しに対するプレゼント
先に述べた通り、応援広告は誕生日やデビュー・アルバム発売等の節目を祝うために出されるものです。かつ応援広告自体もファンの出費によって掲載されるものなので、お祝いを通じて愛を伝えるために活用されます。

場合によっては、ファンの掲載した応援広告が推しに認知され、SNSでメッセージを発信してくれることもあります。TWICEのツウィちゃんも先日Instagramで応援広告との2ショットをたくさん投稿してくれていました。ファンにとってこれほど嬉しいことはないですよね。(著作権の関係で画像を載せられず申し訳ありません!気になる方はチェックしてみてください。)

これが最も大きな理由だと思いますが、他にも下記のような理由があります。

②推しの宣伝活動
応援広告は例えば街中の大型ビジョンとか、駅構内のサイネージといった、一般の(ファンではない)方も目にする場所に掲載されることになります。従って、推しの存在をより多くの人に知ってもらえることになります。

③ファンとしての結束
応援広告の掲出は、ファンがお金を出し合って行うため、自分たちの想いを届ける実感があります。
こうした活動を通じてファン同士の仲が深まると、推しを応援するのにもより身が入りますよね。

他にも理由はあると思いますが、応援広告がポピュラーである主な理由は上記の通りかと思います。


具体的にどういうところに応援広告を掲載できるの?

①大型ビジョン広告
日本でも一般的になってきているのが、街中の大型ビジョンでの応援広告です。

都内であれば新宿のユニカビジョン(ヤマダ電機さんについているビジョン)、アルタビジョン、渋谷の109フォーラムビジョンが、大阪であれば道頓堀のトンボリステーション、ツタヤエビスバシビジョン、札幌であれば札幌駅前ビジョン、博多であればどんたくビジョンといった大型ビジョンが、応援広告の掲載媒体として非常にポピュラーです。(もちろん、全国様々な箇所のビジョンに広告を掲載できます)

大型ビジョンは、たくさんの人の目に入る、比較的安価である等の特徴があります。
全国の様々な箇所の大型ビジョンに、同日に広告を掲載するのも非常に一般的です。

②交通広告(駅構内サイネージ/ポスター)広告
駅構内のサイネージ(小型スクリーン)や、ポスターを掲載する広告も最近流行っています。

都内であれば渋谷駅や東京駅・新宿駅のサイネージがポピュラーで、駅構内に立ち並んでいるサイネージに推しの画像・動画が一斉に放映されるのは、非常に印象的でファンにとっても嬉しいこと間違いなしです。

また、場合によっては山手線等の電車の中づり広告や、車内スクリーンに広告を掲載することも出来るかもしれません。

交通広告も大型ビジョン同様、たくさんの人の目に入る(もしかしたら大型ビジョン以上に)ことが特徴です。一方で、ビジョン広告と比べて広告審査の基準が厳しいことはデメリットとして挙げられます。

③飛行機ラッピング広告
大型プロジェクトとして、飛行機のラッピングも応援広告として用いられることがあります。BTSのジミンの誕生日企画では、約4,000万円程度(230万元)が1時間で集まり、飛行機をラッピングしたそうです。
日本でも、一部の航空会社では飛行機のラッピングが可能なので、今後このようなプロジェクトが出来れば相当な話題になること間違いなさそうです。

④国境を越えた広告掲載
もちろん、上記のような広告は国境を越えて掲載することも可能です。例えば、日本のファンによる応援広告を韓国にある推しの所属事務所近くの交通広告に掲載したり、またニューヨークのタイムズスクエアに掲載することも出来ます。

所属事務所近くに掲載できれば、推しからの認知をもらえる可能性も非常に高まりますし、エンタメの本場のタイムズスクエアに掲載できれば大きく話題になるので、是非トライしてみてはいかがでしょうか。

まとめ
この記事では、応援広告に関して簡単に掲載いたしました。
応援広告はファンの想いを推しに伝えられる手段として、日本でもポピュラーになってきております。

私たちも運営事務局もK-POPのファンで構成されており、是非皆様の応援広告掲載をサポートさせてほしいと思っております。

もし応援広告の掲載に興味があれば、お気軽にご連絡ください。私たちで誠心誠意サポートいたします。

Fan-Uni運営事務局



Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page